パワースポットは神社でOK!

新年最初は初詣でパワーをもらう!パワースポットは神社が一番!

旭川市内のおすすめ初詣パワースポットは?2つの神社を紹介!

北海道第2の都市と呼ばれる旭川。道北の中心都市として、古くからたくさんの人々が集まってきました。

2016年の人口は約35万人。

 

人口ランキングでいえば道内2位ですが、1位の札幌が190万人ということを考えると、都会ながらも住みやすい落ち着いた街です。

 

今回は旭川市内にある、おすすめの初詣スポットを紹介していきます。

旭川神社

市名を冠したこの神社があるのは、東旭川と呼ばれる地域です。

「市名がついているのに、旭川の中心部にあるわけじゃないの?」と意外に思う人もいるでしょう。

 

じつは、旭川が発展するきっかけになった土地は、この東旭川のあたりなのです。

旭川兵村」として栄えていた現在の東旭川ですが、明治30年、政府はこの村を「永山村」に編入させてしまいました。当時の村民たちに何の相談も無くです。

 

当然、勝手に村の名前を変えられた村民たちは怒りますよね。

その怒りに応える形で、北海道庁明治31年東旭川も、学校や神社に旭川という名前を使ってよい」という告示を出したわけです。

 

旭川の発展に関する歴史は、神社そばの「旭川兵村記念館」でより詳しく知ることができます。

残念ながらお正月シーズンは閉館しているのですが、機会があればぜひ訪れてみてくださいね!

 

さてこの旭川神社、ご利益は安産や縁結び。さらに「女性美」にもご利益があるそうなんです。よそではなかなか聞かないですよね。

これは天照大御神(あまてらすおおみかみ)と一緒に祀られている木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が、女性美をつかさどる神様であることに関係しています。

 

・新年は女子力をアップさせたい

・もっと子どもに優しい母親になりたい

などと悩んでいる人は、旭川神社を訪れてみてはいかがでしょう。 

f:id:fpcreca:20171108101924j:plain

 元旦0時からは、境内にある八幡愛宕神社のあたりで甘酒とちゃんこが振る舞われます。

正直、真冬の旭川(それも夜中)はかなり寒いです。手袋をしていても指先がかじかんでくるほどなので、こういう行事があるのはうれしいですね。

 

旭川神社

住所:北海道旭川市東旭川南1条6丁目8-14

TEL:0166-36-1818 

上川神社(かみかわじんじゃ)

旭川市民たちにも人気がある上川神社

旭川があるあたりを「上川地方」というのですが、昔このあたりを開拓した人々が“上川地方の開拓と、旭川の鎮守となるように”と創建しました。

 

上川神社がある神楽岡公園の面積は、なんと約44ヘクタール。東京ドーム9個分といえばわかりやすいでしょうか。

旭川と同じ規模の都市で、これほどまでに広い土地が公園として活用されているのはめずらしいそうです。

 

私はまだ見たことがないのですが、公園内にはキタキツネやエゾリスが生息しているんですよ。 

商売、医薬、縁結び、酒造などにご利益があります。

 

また、境内にある旭川天満宮のご利益は学業成就ということで、お正月や受験シーズンは地元の学生たちでにぎわっています。 


初詣 旭川市 上川神社

三が日は混雑するのですが、それを過ぎればだいぶ落ち着きます。

4日以降なら、昼間でもそれほど待たずにお参りできるでしょう。

 

ただ本殿までは長い階段があり、足腰に不安がある人はちょっとつらいかもしれません。

境内に無料の駐車場があり、さらに12月31日と1月1日は周辺に無料臨時駐車場が用意されるそう。

 

またはJR旭川駅からバスに乗り、「上川神社前」で下車すると近いです。15分程度で到着できるので参考にしてみてください。

 

上川神社

住所:北海道旭川市神楽岡公園

TEL:0166-65-3151 

おわりに

いかがでしたか?

 

冬の旭川はとても寒いので、身体にカイロを貼る、靴に冬用の中敷きを入れるなどして出発することをおすすめします。

 

最初に紹介した旭川神社は、旭山動物園からも近い場所にあります。

歩くと30分以上かかりますが、車なら10分で着きますよ。

 

旭山動物園は1月2日から開園していますし、子どもがよろこぶ有名観光スポットですよね。

初詣の帰りに、動物園へ寄ってみるのも楽しそうです。