パワースポットは神社でOK!

新年最初は初詣でパワーをもらう!パワースポットは神社が一番!

福島市にあるおすすめ初詣スポットは?パワースポットでも有名?

平安時代から朝廷と深いかかわりがあった福島。

平安時代末期に源頼朝が奥州征伐に着手するまでは、奥州藤原氏の荘園だったそうです。幕末には戊辰戦争の舞台にもなりましたね。

 

今回は、福島市内にあるおすすめの初詣スポットを紹介します。

 

ひとつ目は飯坂町にある中野不動尊

お正月シーズンに限らず人出のある、人気のお寺です。

 

ふたつ目が福島稲荷神社で、こちらは福島駅から近い場所にあります。

 

では、さっそく2か所の初詣スポットについて詳しく見ていきましょう!

中野不動尊

不動尊」というのは、不動明王をたたえる呼び方。

 

中野不動尊曹洞宗のお寺ですが、宗派の異なる真言宗禅宗日蓮宗なども共通してこの不動明王を信仰の対象にしています。

 

そして、中野不動尊ではなんと複数の不動明王が祀られているとのこと。

 

本堂にある厄除不動明王・祈祷殿にある眼守(がんしゅ)不動明王奥の院の洞窟内にある三ヶ月(みかづき不動明王の3つです。

 

不動明王が3体も祀られているとなれば、かなり強力なご加護をもらえそうですよね。

 

自然に囲まれた境内には「とげぬき地蔵」「大日堂」などの見どころがたくさん。

 

それぞれ詳しく紹介しますね。

 

とげぬき地蔵

とげぬきと言っても、このとげは目に見えるものではありません。

 

人間が持つ五慾・三毒・四苦・三障といった欲望や煩悩、病などを指しています。

 

人々がここでお参りをするときには、腹痛に悩まされている人はとげぬき地蔵の腹部をたわしで擦り、足が痛い人は同じように足の部分を擦るのだそう。

 

・大日堂

奥の院洞窟手前にある、三層の建物です。

 

鮮やかでとてもきれいですよね!周囲の緑によく映えますし、ちょっとミステリアスな雰囲気を感じます。

 

下のほうにある顕霊門(けんれいもん)から洞窟めぐりをすることも可能。

f:id:fpcreca:20171215170519j:plain

中野不動尊奥の院には、昔の修験者らが使った洞窟がいくつか残されているのです。

 

現在はきちんと整備され、参拝客が辿れるようになっています。

 

お寺までのアクセスは車が便利でしょう。境内にはおよそ100台停められる駐車場があり、乗用車は第1・第3・第4駐車場を利用できます。

 

またお正月三が日には、十六沼運動公園の臨時駐車場からシャトルバスの運行が予定されています。

 

◇中野不動尊

住所:福島県福島市飯坂町中野堰坂28

TEL:024-542-2100

 

福島稲荷神社

福島駅から歩いて14分と、市街地にある神社です。東口から出ると近いでしょう。


福島稲荷神社 fukushima inari jinja(shrine)

駅から市内循環バスに乗車するのも良いですね。

 

境内に足を踏み入れると、まず目につくのがヒノキの大鳥居。神社と聞くと朱色に塗られた鳥居を想像してしまいますが、木でできているのも目を引きますね。

f:id:fpcreca:20171215170642j:plain

もともと明治神宮が創建されたときに建てた鳥居が、縁あって福島稲荷神社に公布されたそうです。

 

口コミで話題になっているのが、境内にある「力石(ちからいし)」です。

 

昔、力試しに使われていた重い石で、2001年に神社の敷地から掘り出されたものなんだとか。

 

石には所願成就のご利益があると伝えられています。

 

お参りと合わせて、力石もチェックしておきましょう。

 

お正月シーズンには屋台が出るうえ、アクセスしやすい立地なこともあり人が多いです。初詣はにぎやかなほうがいいという人は、ぜひ福島稲荷神社に足を運んでみてくださいね。 

 

◇福島稲荷神社

住所:福島県福島市宮町1-29

TEL:024-522-2702

 

おわりに

中野不動尊には「かもしか庵」という直営の茶屋があります。

 

お茶やお団子はもちろん、参拝記念のおみやげも揃えてあるそう。

 

昔は初詣のあとまっすぐ家に帰る人が多かったようですが、最近はそのまま家族・友人と出かけるケースのほうが多い印象ですよね。

 

神様への挨拶を終えたら、福島市街を散策して楽しみましょう。