パワースポットは神社でOK!

新年最初は初詣でパワーをもらう!パワースポットは神社が一番!

銀座から近くの初詣スポットは?パワースポットとしてもおすすめ!

中央区西部に位置する銀座。

 

繁華街として、そして都内屈指の高級商店街として有名ですね。

 

地名からもわかるとおり、江戸時代は現在の銀座2丁目に銀貨の鋳造所があったそう。

 

もともと駿河にあった鋳造所を、徳川家康が移転させたのです。

 

正式には「新両替町」という名前だったそうですが、人々は銀座と呼んでいたようです。

ちなみに「銀座があるなら“金座”もあるのでは?」と思い調べてみると、こちらは現在日本銀行の本店がある日本橋にあったそうです。

 

さて、今回紹介するのは銀座周辺の初詣スポット。

おすすめの2か所をまとめました! 

幸稲荷神社(さいわいいなりじんじゃ) 

銀座駅を出発してわずか500メートル。

歩いて6分ほどの位置にあるのが幸稲荷神社です。

 

東京メトロ有楽町線に乗り、銀座一丁目駅で下車するともっと近く、1分で到着します。

港区芝公園にも同名の神社があるため間違えないように気をつけましょう。

 

境内と呼べるほど広くないスペースに拝殿があるだけの、かなりコンパクトな神社です。

しかし幸稲荷神社は、江戸時代から銀座一丁目の守護神とされてきました。

 

京都の伏見稲荷神社から勧請された、由緒ある神社なのです。ご利益は商売繁盛や縁結びなどがあります。

f:id:fpcreca:20171123165106p:plain

 

近年、穴場の初詣スポットとして人気の神社ですが、三が日に訪れても行列に並んで参拝するようなことはないでしょう。

 

銀座の守り神というだけあり、近所に住んでいる人たちはお参りに訪れるとのこと。

 

ただ都内のあちこちから人が集まる神社ではないようです。

ゆっくり手を合わせたい人にはぴったりの場所だと思います。

 

◇幸稲荷神社

住所:東京都中央区銀座1丁目5

TEL:なし

波除稲荷神社(なみよけいなりじんじゃ)

中央区築地にある神社です。銀座駅から出発すると徒歩15分の距離にあるので、銀座や築地を散策しながら向かうと楽しめるでしょう。

 

波除神社について調べると「災難を除き波を乗り切る」というフレーズをよく見ます。

 

もともと、現在社殿があるあたりは海でした。

江戸時代が始まってから幕府は東京のあちこちで埋め立て工事に着手したのですが、築地はその中でも一番あと。

 

すでに徳川家康の時代は終わり、将軍は4代目の家綱公になっていました。

 

築地の埋め立て工事は波が荒く、困難を極めました。

しかしある夜、人々は海面に漂う稲荷大神のご神体を見つけます。

 

さっそくそのご神体を祀ったところ、ふしぎなことに激しい波風がぴたっと止んだそうです。

 

こういう経緯があって、波除神社は「災難を除き波を乗り切る」神社といわれるようになったのですね。

 

境内には歴史を感じさせる奉納品などが飾られています。

 

たとえば、本殿にある一対の獅子頭。1848年に完成しました。

かなり昔からあるため、数々の天災や、戦争も経験しています。

 

それなのにそのたびに持ち出されたり修理中だったりして、偶然にも難を逃れてきました。

ご利益がありそうですね!中央区文化財にも指定されています。

 


波除稲荷神社

 

終日お参りできますが、授与所の受付時間は9時~17時までです。お守りが欲しいなら夕方までに参拝したいですね。

 

1月1日0時より先着で「干支の守り札」が配られることもあり、1日0時~明け方まではとても混雑します。

 

また4日からは予約制の団体参拝がスタートするので、1月中旬になっても境内がにぎわっています。

 

 

◇波除稲荷神社

住所:東京都中央区築地6丁目20-37

TEL:03-3541-8451

おわりに 

銀座中心部にほど近い幸稲荷神社と、築地にある波除稲荷神社をご紹介しました。

 

どちらも銀座駅から歩いて行くことができますよ。

 

また百貨店などの初売りは2日と3日でわかれるので、初詣のあとにショッピングを楽しみたいなら事前に調べてから向かいましょう。