パワースポットは神社でOK!

新年最初は初詣でパワーをもらう!パワースポットは神社が一番!

池袋から近くの歩いて行ける初詣パワースポットを紹介!

豊島区に属する池袋は、新宿・渋谷と並んで山の手3大副都心にかぞえられています。

 

池袋駅の西口や東口の前には繁華街が広がり、また駅自体がターミナル駅としての役割を果たしていることもあって、昼夜を問わずたくさんの人が行き交う街です。

 

池袋がここまで発展したきっかけは、やはり私鉄や市電がつぎつぎに乗り入れてターミナル化したことにあるでしょう。

 

交通の要であるとともに、駅周辺に百貨店ができたことからショッピングに訪れる人が増加しました。

 

今回は、池袋周辺の初詣スポットとして、

 

・池袋御嶽神社

鬼子母神

 

の2か所を紹介していきます!

池袋御嶽神社(いけぶくろみたけじんじゃ)

池袋駅西口中央口を出てから、歩いて10分ほどの距離にあるのが池袋御嶽神社です。

 

すぐそばには豊島区立池袋図書館がありますが、周りはほとんどがアパートなどの住宅街。静かな雰囲気を味わえる神社です。

 

祀っているのは

 

・倭建命(やまとたけるのみこと)

神武天皇

武甕槌命(たけみかずちのみこと)

 

の3柱。厄除けや防火にご利益があるとされています。

 

境内に入ると、目にとまるのがフクロウの像。

f:id:fpcreca:20171123165923j:plain

池袋の“ふくろ”と“フクロウ”の発音が似ていることから、この像が設置されたんだとか。

 

またフクロウという語感には苦労を取り除き(不苦労)、福を招く(福籠)という縁起のよさがあるため、お守りにもフクロウの絵が描かれています。

 

本殿のすぐ横には子育稲荷神社があり、こちらも子育て中のママたちに人気があるよう。

 

育児だけでなく安産や子授けにもご利益があるため、妊婦さんもぜひ手を合わせてみてくださいね。

 

三が日のうち、もっとも混雑するのは1日です。12月31日の深夜から年が明けるまでは、参拝するのに並ぶ必要があるかもしれません。 

 

◇池袋御嶽神社

住所:東京都豊島区池袋3丁目51番地2

TEL:03-3971-8462

鬼子母神堂(キシモジンドウ)

雑司が谷にある鬼子母神堂も、じゅうぶん池袋から行ける距離の初詣スポットです。

 

徒歩で15分弱、もしくは副都心線に乗り雑司が谷駅で下車しましょう。

雑司が谷駅で下りると一見住宅ばかりですが、500メートルほど歩くと到着します。

 

境内に駐車場はありません。

車で向かう場合は周辺のコインパーキングを利用するか、公共交通機関で出かけてくださいね。

 

祀られている鬼子母神は子育てや安産の神様として知られています。

が、鬼子母神堂ではほかにも学業成就や健康祈願、家内安全、縁結びなど多岐に渡ってご利益があるとされています。

 


鬼子母神堂 境内

 

境内に朱い鳥居があったりして神社と勘違いする人が多いようですが、鬼子母神堂はお寺。

 

神社で参拝するときは「二礼二拍手一礼」がマナーですよね。

しかし、お寺でお参りするときには手を打ちません。拍手せず、合掌して祈ります。

 

鬼子母神堂は国の重要文化財に指定されています。

落ち着いた雰囲気なので、お参りのあと境内を散策するとリフレッシュできそうですね。

 

鬼子母神の公孫樹(おおいちょう)」という、樹齢600年を超える大樹も見どころのひとつ。

現在は見るだけとなっていますが、昔は子どもがほしい女性がこの樹にしがみつき、子を授かれるよう祈願したんだとか。

 

初詣に訪れた際は、ぜひチェックしてみてください。

  

鬼子母神

住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目15-20

TEL:03-3982-8347 

おわりに 

商業施設や映画館、劇場などが多い印象の池袋駅周辺ですが、少し歩くだけで落ち着いた住宅街が広がります。

 

「初詣はゆっくり手を合わせたい」という人は、今回紹介した2か所を訪れてみてはいかがですか?

 

気をつけたいのは参拝のやり方ですね!

 

神社とお寺では作法が違うため、新年早々まちがったお参りで恥をかかないためにも、きちんと調べてから初詣に向かいましょう。