パワースポットは神社でOK!

新年最初は初詣でパワーをもらう!パワースポットは神社が一番!

金沢市内のおすすめ初詣パワースポット3選!狙い目は?

 石川県金沢市。日本の伝統的な街並みが残っていることから、かつて「小京都」と呼ばれたくさんの観光客でにぎわいました。

 

もちろん、現在も国内外から多くの人々が訪れています。

しかしみずからの街を「小京都」と名乗ることができる「全国京都会議」を脱退した金沢市は、今はその呼び名を使うことができないようです。

 

それでも、金沢市の美しい町並みは健在。“和”の雰囲気を味わおうと、若い女性のあいだでも金沢旅行が人気だそう。

 

今回ご紹介するのは、金沢市内にあるおすすめの初詣スポットです。

・石浦神社

・大野湊神社

尾山神社

の3か所をまとめました。

 石浦神社

 金沢市内でも、もっとも古い歴史をもつと言われている石浦神社。

 

創建は547年と伝えられているそうですが、これはなんと古墳時代のことです。当時は違う名前だったものの、明治時代に発せられた神仏分離令により現在の名前になったんだとか。

 

ご利益は家内安全や交通安全、商売繁盛などです。

また加賀藩の5代目藩主だった前田綱紀が、子どもが生まれる際に祈願をしたために、安産祈願の神社としても知られています。

 

また、境内に気になるものがあったので調べてみました。

それは「逆さ狛犬」。いろいろな神社にある狛犬ですが、この境内にある狛犬は後ろ足を大きく蹴り上げ、躍動感たっぷりの様子になっているのです。

 

石浦神社の奥、広坂稲荷神社前にあるので、ぜひ確認してみてください。

 

小ぢんまりした境内ですが、お正月シーズンは屋台がいくつか並びます。


石浦神社に初詣

参拝するために列ができる時間帯もありますが、おおむね空いているようです。ゆっくりお参りしたい人にはぴったりの神社ですね。 

 

◇石浦神社

住所:石川県金沢市本多町3丁目1-30

TEL:076-231-3314 

大野湊神社

 市街地にある大野湊神社ですが、すぐ隣に大野湊緑地公園があったりと自然豊かな場所です。ふだんはひっそりとした、落ち着いた雰囲気のようですね。

 

“湊”神社というだけあって、境内には船の錨が置いてあります。

f:id:fpcreca:20171107133520j:plain

 今でもそこそこ海に近い位置にある大野湊神社。

しかし、昔はもっと海辺に建っていたそう。1252年に火災被害に遭い、それから現在の位置に移ってきたとのことでした。

 

交通安全や除災のほか、もちろん海上安全にもご利益があります。

お正月シーズンは参拝を終えたあと、社務所でお守りやおみくじを買い求める人が多いです。 

 

◇大野湊神社

住所:石川県金沢市寺中町ハ163

TEL:076-267-0522

尾山神社

金沢市の初詣スポットの中でも、もっとも人気なのがこの尾山神社です。

 

ふつう、神社といえば和風の建物を想像しますよね。金沢という街自体、日本家屋というイメージがあったのですが、尾山神社には洋風の神門が存在します。

f:id:fpcreca:20171107133713j:plain

重要文化財に指定されているだけあって、素敵な雰囲気ですね。

 

祀っているのは、加賀藩初代藩主の前田利家と妻・お松。地元の人々から、そして歴史ファンたちからも親しまれている神社なのです。

 

通常、お守りなどをもらう授与所は8時~18時まで。三が日はそのスケジュールが少し変わります。

・1月1日…0時~24時

・1月2日…8時~21時

・1月3日…8時30分~21時

昼間はかなり混雑すると思われるので、18時以降が狙い目ですよ。

 

ちなみに参拝だけなら、夜遅くまで可能です。

・1月1日…0時~24時

・1月2日…0時~22時

・1月3日…6時~22時

1月4日以降は、通常通り6時~20時までとなるようです。

 

 

尾山神社

住所:石川県金沢市尾山町11-1

TEL:076-231-7210  

おわりに

最後に紹介した尾山神社は、お正月シーズンにおよそ20万人の人出があるとも言われています。

 

近くには日本三名園のひとつとして名高い兼六園も。

 

金沢は名所が多く、どこに行っても風情ある街並みが楽しめそうですね。

初詣が終わったら、ぜひあちこち散策してみましょう。