パワースポットは神社でOK!

新年最初は初詣でパワーをもらう!パワースポットは神社が一番!

前橋市から近くの初詣スポットは?おすすめはパワースポット?

群馬県の県庁所在地である前橋市

 

現在の読みは「まえばし」ですが、かつては「うまばやし」「まやばし」などと呼ばれていたそうです。

 

前橋という地名になったのは江戸時代のこと。その後、明治時代になってからは製糸業で栄えました。

 

群馬県で製糸業というと、富岡市にある富岡製糸場が思い浮かびますよね。

日本の近代遺産として初めて世界遺産に登録され、ニュースなどで話題になりました。

 

そしてここ前橋市でも、富岡製糸場ができるよりもわずかに早く、岩神町で製糸工場の稼働がスタートしていたんだとか。

 

建物が残っていれば、前橋市の製糸工場が世界遺産になる可能性もあったわけですね。

 

今回は、前橋市の初詣スポットを2か所紹介していきます。

赤城神社(あかぎじんじゃ)

赤城山にある人気の初詣スポットです。

 

群馬県赤城山といえば、紅葉シーズンにもたくさんの登山客が訪れる場所ですよね。

 

赤城神社から7分ほど歩けば、カルデラ湖の大沼に到着します。

f:id:fpcreca:20171219165459j:plain

これは紅葉が始まったころの大沼。

 

中央には赤城神社の社殿も写っています。

 

標高が高い位置にあるため空気が澄んでいて、ハイキングを楽しむ人も多いそう。

冬、雪が降り凍った大沼もなかなか見ごたえがありますよ。

 

赤城山とそこにある湖の神様を祀る赤城神社は、じつは創建年代が明らかになっていません。

ただ、平安時代にはすでに人々の信仰を集めていたのでは?と考えられているので、かなり古い時代からある神社ということはわかりますね。

 

謎の多い成り立ちゆえ、赤城神社にはいくつかの伝説が残されています。

 

そのうちのひとつが『姫伝説』と呼ばれるもので「赤城神社の神様に参拝した女性の願い事はかならず叶う」と伝えられています。

 

また「妊婦が参拝すると、美しい娘を授かる」とも。女性ならお参りしておきたい神社です。

 

駐車場は50台停められる広さがあり、車を降りてから朱色の橋を渡って本殿に向かいます。

f:id:fpcreca:20171219165554j:plain

路面が凍結していることもあるそうなので、初詣に訪れる際は冬タイヤを装着して出発しましょう。

 

ちなみに、バスなら前橋駅から関越交通バスに乗車して70分。富士見温泉を経由するルートです。

 

赤城神社

住所:群馬県前橋市富士見町赤城山4-2

TEL:027-287-8202

 

上野国総社神社(こうずけのくにそうじゃじんじゃ)

元総社町にある神社で、前橋駅からは車で15分です。

 

本殿の裏には50台収容できる駐車場も。

 

電車ならJR両毛線高崎行きに乗り、新前橋駅で降りて20分歩くと到着。


上野総社神社CM 平成23年

 

神社の紹介動画を見ると、ご利益は家内安全・厄除開運・商売繁盛・所願成就などが挙げられていますね。

 

また、絵馬や恋愛成就のお守りが用意されており、縁結びにもご利益があるようです。

 

ふだんは静かな神社ですが、お正月シーズンや七五三の折にはたくさんの人が訪れます。

 

三が日だと、時間帯によっては少し待ってからお参りすることになるかもしれません。

 

多少並んでも大丈夫なように、しっかり防寒対策していきましょう。

 

上野国“総社”神社というだけあって、ここで手を合わせれば群馬県内の神社をすべて参拝したことになるそう。

 

市内にとどまらず県内全部の神社ですから、かなり強力なご利益がありそうですね!

 

上野国総社神社

住所:群馬県前橋市元総社町1丁目31-45

TEL:027-252-0975

 

おわりに 

赤城神社は目の前に広がる大沼もさることながら、あざやかな朱色に塗られた社殿や橋にも注目。

 

口コミを調べてみると、境内はきれいに管理されており「1日中いても飽きない」という声も聞こえます。

 

上野国総社神社は、1か所を参拝しただけで、県内すべての神社を訪れたことになるというのが良いですね。

 

初詣は新年のスタートを切るための大切な行事。

 

心をこめてお参りしましょう。