パワースポットは神社でOK!

新年最初は初詣でパワーをもらう!パワースポットは神社が一番!

奈良県でおすすめの初詣パワースポットは?すいてる時間は?

 奈良の大仏がある東大寺や、天武天皇が皇后のために建立したという薬師寺など、歴史的な神社仏閣がある奈良県

 

国外からの観光客も多く、年々増加する外国人訪問客数は2016年に2,400万人を突破しました。

 

今回は、奈良県でおすすめの初詣スポットを紹介していきます。

春日大社

奈良県には「古都奈良の文化財」として8か所が世界遺産に登録されています。春日大社もそのうちのひとつで、1998年に登録されました。

 

春日大社は、全国におよそ1,000社ある春日神社の総本山。初詣に限らず、たくさんの人々が参拝に訪れています。

 

お正月の三が日は3日間とも行事が予定されています。

 

<1月1日>

0時~ 一番太鼓

5時~ 歳旦祭

 

<1月2日>

10時~ 日供始式並興福寺貫首社参式(にっくはじめしきならびにこうふくじかんすしゃさんしき)

 

<1月3日>

11時~ 神楽始式(かぐらはじめしき)

 

初詣の人出は春日大社が県内一。

三が日は混み過ぎて参道に入る前から大行列、というのが当たり前なんだそう。

 

参道にはたくさんの屋台が出ています。並んでいるうちにお腹が空くかもしれませんが、参拝が終わるまではガマン!まずはお参りをして、屋台を楽しむのはそれからにしましょう。

 

過去の口コミを見てみると、参拝までに2時間待ったという声も聞こえます。

参拝場所は人数制限があるため、自分より前に並んでいる人のお参りが終わるまで待たなければいけません。

 

では、なるべく空いている時間に参拝するならいつ行けばいいのでしょうか。

 

おすすめは、年越しを春日大社で迎えた参拝客が帰ったあとです。

1月1日の朝、日が昇ってからですね。

もしくは2日・3日の午前中や、18時頃だとそれほど待たずに参拝できます。

 

 

春日大社

住所:奈良県奈良市春日野町160

TEL:0742-22-7788

大神神社(おおみわじんじゃ) 

奈良県桜井市にある大神神社

いつ建てられたのかは不明ですが、古墳時代以前から千十属たちによる祭祀がおこなわれていたんだとか。

 

日本最古の神社ともいわれています。 

大神神社の神様は「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)」といって、農工商業・酒造・製薬・交通など、私たちの生活に欠かせないいろいろな事柄を守護してくださるのです。

 

また、大神神社の特徴として、本殿が無いことが挙げられます。だいたいの神社は、本殿が境内の中心にありますよね。

じつは、大神神社のご神体は三輪山そのもの!三ツ鳥居を通して、三輪山にお祈りしましょう。

 

年が明けて、一番最初におこなわれる行事が繞道祭(にょうどうさい)です。

まず宮司たちによりご神火が灯され、この火がご神火拝戴所に移されます。参拝客たちはここで火種をもらい、それぞれの家に持ち帰ってお雑煮などを作って食べると、一年健康に過ごせるそうです。


平成29年 大神神社 繞道祭(にょうどうさい) 奈良県桜井市

こちらの動画は、ご神火が拝戴所に移されるまでの様子がおさめられています。大神神社へ初詣に出かける際は、ぜひご覧になってくださいね。

 

大神神社に到着して、まず目に入るのは大きな鳥居でしょう。車道にまたがって建てられた鳥居の中では日本一の大きさを誇ります。

この鳥居は、昭和59年に昭和天皇が参拝されたことを記念して昭和61年に完成しました。

f:id:fpcreca:20171106175555j:plain

うしろにはご神体である三輪山が見えますね。

 

大神神社

住所:奈良県桜井市三輪1422

TEL:0744-42-6633 

おわりに

奈良県内でも初詣スポットとして人気のある、春日大社大神神社をご紹介しました。

 

今回紹介した2か所はパワースポットとしても人気です。パワースポットに行くときは午前中に行く、パワーストーンを身につけていく…など、運気をアップさせるポイントがあるようですね。

 

初詣に行くときも、新しい年がいい1年になるよう気を引き締めてお参りしましょう!