パワースポットは神社でOK!

新年最初は初詣でパワーをもらう!パワースポットは神社が一番!

岡山の初詣パワースポットでおすすめは?口コミ人気の2神社を紹介!

 岡山県といえば、北部にある美作三湯に代表される温泉や、桃太郎伝説が有名ですね。

また、テレビなどで備中松山城が特集されることもあります。

f:id:fpcreca:20171107140836j:plain

ここは現存する12の天守閣の中で、唯一山にあるお城。雲海に覆われたようすは、なんとも神秘的です。

 

今回は、岡山県内にある2か所のおすすめ初詣スポットを紹介していきます。

最上稲荷

吉備津神社 

最上稲荷(さいじょういなり)

岡山県周辺では、京都伏見・愛知豊川とならんで「日本三大稲荷」と称されることもある最上稲荷

初詣の人出は県内一ともいわれており、かなりにぎわいます。


最上稲荷 初詣

動画を見るとみなさんとても寒そうですが、年越しのカウントダウンで盛り上がっていますね。若い人たちも参拝に訪れる、活気ある場所のようです。

 

最上稲荷で有名なご利益は、良縁を巡りあわせる「縁結び」と、悪縁を絶つ「縁きり」。

「縁きり」というとちょっと怖いイメージがありますが、縁を絶ちたい相手に対してなにか危害を加えるわけではありません。自分が一歩前に踏み出すために、悪い縁をきってしまおう!というわけです。

 

私は「縁結び」というと恋愛に関するものだと思っていたのですが、調べてみると

・仕事に就くとき

・新たな勉強を始めるとき

などにも縁結び祈願をするといいそうです。

新年になにか始めたい人は、ぜひ最上稲荷で手を合わせてみましょう。

 

境内に広い駐車場スペースはありませんが、周辺にいくつかの民間駐車場があり、案内に沿って車を進めると停められます。しかし、お正月の三が日は高確率で渋滞が発生するもよう。

公共交通機関だと「岡山駅」から「後楽園口」までJRに乗り、中鉄バスに乗りかえたあと「稲荷山」で下車すると到着です。 

 

最上稲荷

住所:岡山県岡山市北区高松稲荷712

TEL:086-287-3700 

吉備津神社

吉備津神社は、大吉備津彦大神を祀る大社です。

子どものころ、寝しなに桃太郎のお話を聞かせてもらった人は少なくないはず。この吉備津彦という人物がおこなった「温羅(うら)退治」は、桃太郎伝説のもとになっていると伝えられているのです。

 

昔、吉備国には異国からやってきた温羅という荒くれ者がいました。その温羅退治に繰り出したのが、都から派遣された五十狭芹彦命。

五十狭芹彦命は雉や鷹、鯉、鵜に姿を変えながら温羅を追い詰め、ついに討伐しました。

それから五十狭芹彦命は吉備津彦命と呼ばれるようになったそうです。

 

吉備津神社を訪れた際は、ぜひ本殿の屋根に注目してみてください。

f:id:fpcreca:20171107140953j:plain

ちょっと変わった形をしていますよね?これは「比翼入母屋造り」という構造で、吉備津神社にしかない国宝なのです。

およそ400メートルもある回廊も見どころのひとつですよ。

 

例年12月になると、吉備津神社のホームページに初詣の案内が掲示されます。今年はまだ発表されていないので、前回の情報をもとにまとめました。

 

開門時間については以下の通り。

・1月1日…0時~21時

・1月2日~4日…5時〜21時

・1月5日以降…5時〜18時

授与所は夕方で閉まってしまうため、お守りや絵馬が欲しい人は昼間のうちに済ませたいですね。 

三が日の人出は5万人程度だそう。

 

1月1日~3日のあいだは朝から行事がおこなわれます。9時頃にはすでに混雑が始まってしまうでしょう。

「三が日しか参拝できないけど、混むのは嫌だなあ」という人は、開門直後から8時半くらいまでの早朝を狙ってみてくださいね。

 

吉備津神社

住所:岡山県岡山市北区吉備津931

TEL:086-287-4111 

おわりに

人気の最上稲荷と、桃太郎伝説と関係が深い吉備津神社を紹介しました。

 

口コミを見ると、どちらも高評価の初詣スポットです。

 

観光名所としてもにぎわう場所なので、県外の人もぜひ足を運んでみましょう!