パワースポットは神社でOK!

新年最初は初詣でパワーをもらう!パワースポットは神社が一番!

札幌市内のおすすめ初詣パワースポットは?2つの神社を紹介!

広い北海道の中でも、もっとも人口が多い札幌市。道民のうち、なんと35パーセントが札幌市民なのです。

人が多いぶんお店も多く、土日の駅ビルはかなりにぎやかです。

 

もちろんお正月シーズンも例外ではありません。福袋や初売りセールのためにたくさんの人々が行列を作ります。

昔は1月1日に営業していないお店もあったのですが、最近はほとんどどこでもショッピングを楽しめるようですね。

 

さて、今回紹介するのは、札幌市内にあるおすすめの初詣スポットです。

札幌駅からのアクセスも詳しくまとめたので、市外・道外から参拝に来る人はぜひ参考にしてみてくださいね! 

北海道神宮

北海道神宮は1年を通して参拝客が多い、人気のスポットです。

周辺には円山公園円山動物園などがあり、子どもを連れた参拝客の姿をよく見かけます。 

f:id:fpcreca:20171108101002j:plain

「開拓民たちの心のよりどころに」という明治天皇のお言葉で創建された北海道神宮

大国魂神・大那牟遅神少彦名神という「開拓三神」に、明治天皇を加えた4柱の神様を祀っています。

 

現在の社殿は昭和53年に再建されたものなので、年数的には新しいと言えるでしょう。

ただし荘厳なたたずまいは、まるで何千年も前からそこにあったかのような雰囲気を感じさせます。

 

北海道神宮にはいくつか鳥居があるのですが、くぐる鳥居によってご利益が変わるため、出発前にきちんと確認していきましょう。

 

まず、離縁を願うなら第二鳥居から。別れたい人がいる、今の職場を離れたい…なんて人は、第二鳥居をくぐりましょう。

 

反対に、カップルや夫婦がいっしょにくぐるのは縁起が悪いんだとか。

気にしない人もいるようですが、私は万が一に備えて、夫と時間差で鳥居をくぐっています。そのおかげか(?)今のところは仲良しなので、参拝の際は気をつけてみてください。

 

金運アップを狙う人は、第三鳥居から境内へ入りましょう。

ただし、1月1日は“第二鳥居から入り、第三鳥居を抜ける”という一方通行になるためご注意を。

 

北海道神宮があるのは中央区宮ケ丘です。「中央区というからには、札幌駅から歩いて行ける距離?」と思いきや、まったくそうではありません。歩くと1時間かかってしまいます。

 

最寄駅は地下鉄東西線円山公園駅」。

この東西線は札幌駅を通過しないので、札幌駅から南北線もしくは東豊線を使い「大通」駅で東西線に乗り換えることになります。

 

円山公園駅」の構内には、北海道神宮へと誘導する張り紙があちこちに貼ってあるため、初めて訪れる人でも迷子にはならないと思います。

 

北海道神宮

住所:北海道札幌市中央区宮ケ丘474

TEL:011-611-0261 

白石神社(しろいしじんじゃ)

初詣の人出は、北海道神宮に次いで2番目の白石神社。よく「しらいし」と読む人がいますが「しろいし」です。

 


白石神社 初詣2012年元日

お正月シーズンは、神社の外にまで参拝客の行列が続くことも。

白石に住んでいる友人によると、例年30分は待たなければいけないそうです。

 

北海道の寒さで、真冬にじっと立っているのはなかなかツライんですよね…

しっかり防寒対策して初詣に向かいましょう。

 

お正月三が日は車で参拝できません。ですから、必然的に公共交通機関を使うことになりますね。

札幌駅から白石神社へ向かうには、地下鉄かバスが便利です。

 

まず地下鉄。北海道神宮へ行くのと同じく、東西線に乗りかえるため「大通駅」まで移動します。そこから新さっぽろ方面の地下鉄に乗り「南郷13丁目駅」で下りましょう。

歩いて700メートルほどで白石神社に到着します。

 

バスに乗るなら、札幌駅のバスターミナルから新札幌ターミナル行きに乗車して「白石神社前」で下ります。バス停の目の前が白石神社なので、わかりやすいですね。

 

◇白石神社

住所:北海道札幌市白石区本通14丁目北1-12

TEL:011-861-2609

おわりに

いかがでしたか?

 

ちなみに、北海道神宮の最寄駅「円山公園駅」周辺にはおいしいカフェがたくさんあります。

 

円山のカフェ文化は雑誌で特集号がでるほど話題で、札幌市民たちにも評判なのです。

 

初詣のあとは、ぜひ札幌のグルメを味わってみてくださいね!