パワースポットは神社でOK!

新年最初は初詣でパワーをもらう!パワースポットは神社が一番!

富山県内のおすすめ初詣パワースポットは?2つの神社を紹介!

自然豊かなイメージのある富山県南砺市相倉(あいのくら)の合掌造り集落は、世界遺産にもなっています。 

f:id:fpcreca:20171107140408j:plain

また、富山県は映画のロケ地として話題になることも。

 

石原裕次郎三船敏郎らが出演した『黒部の太陽』、2017年秋に公開となった『ナラタージュ』などは、富山県でロケがおこなわれたそう。

私は細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』が好きで何回も見ているのですが、物語の舞台である田舎町のモデルは富山県上市町

それもあって、富山はなんだか身近に感じられる場所です。

 

今回紹介するのは、富山県内にあるおすすめの初詣スポットです。

どちらも魅力ある神社なので、来年のお正月にぜひ訪れてみてくださいね! 

日枝神社(ひえじんじゃ)

富山県にある神社の中でも、初詣スポットとして人気なのがこの日枝神社です。お正月シーズンの人出は20万人を超えるんだとか。

富山市にあり、アクセスがいいのも人気の理由でしょう。

 

日枝神社は「富山山王さん」と呼ばれることもあります。

なぜ“山王”?と思い調べてみると、日枝山麓にある日吉(ひえ)神社の神様が山王権現と呼ばれており、これが釈迦如来の仮の姿であるという考え方に関係があるようです。

 

ふつう、神社にある狛犬は片方が「阿」と口をあけていて、もう片方は「吽」と口を閉じていますよね。

しかし、日枝神社狛犬たちは両方とも口をあけています。ほかの神社ではなかなか見られないので、訪れた際はぜひチェックしてみましょう。

 

お正月シーズンの開門時間については以下の通り。

・1月1日…0時~17時

・2日以降…6時~17時

夕方には閉まってしまうため気をつけたいですね。

 

境内には駐車場があるものの、来年3月末まで、日枝神社では社務所増改築工事がおこなわれています。このため駐車場のスペースが大変せまくなっているのです。

1日は交通規制も予定されているので、できれば公共交通機関を利用してお参りに向かいましょう。 

 

日枝神社

住所:富山県富山市山王町4-12

TEL:076-421-6318 

高瀬神社

南砺市の東にある高瀬神社

創建時期はわかっていませんが、「高瀬神」として日本書紀や日本三大実録などに登場していることから、かなり古い時期からあったのではないかと考えられています。

 

高瀬神社を訪れたら、かならず見ておきたいのが境内にある「なでうさぎ」です。

f:id:fpcreca:20171107140255j:plain

てっきりデフォルメされているのかと思いきや、かなりリアルな像でちょっと笑ってしまいました…。でも可愛らしいですね!

 

祭神である大国主命(おおくにぬしのみこと)が、日本神話『因幡の白兎』に登場することからこの像が置かれています。大国主命がなぜ国を造るに至ったか、を説くお話ですね。

「なでうさぎ」は治癒させたい部分をなでるとご加護があるというもの。時間帯によっては行列ができるほど人気です。

 


【4K・UHD】越中一宮 高瀬神社の初詣風景【富山】

南砺市の中心部から少し離れているせいか、お正月シーズンでもそれほど混んでいる印象はありませんね。身動きとれないほど混むということはないでしょう。

「初詣は静かに参拝したい」という人も少なくないはず。ゆっくりお参りしたい派におすすめの神社です。

 

境内には80台停められる駐車場がありますが、1月1日・2日は神社周辺で交通規制があるため気をつけましょう。

公共交通機関を利用するなら、JR城端線「福野駅」で下車後、庄川方面行きの加越能鉄道バスに乗り「高瀬神社前」で下ります。 

 

高瀬神社

住所:富山県南砺市高瀬291

TEL:0763-82-0932 

おわりに

富山県内にある2か所の神社を紹介しました。

ちなみに、どちらも縁結びにご利益があります。初詣では縁結びのお守りを買う若い人の姿も見られるそう。

 

昔は「神社に行ったら寄り道せずに帰りなさい」と言われたものですが、最近ではそれほど気にしなくてもいいようです。参拝が終わったら、映画のロケ地めぐりをしたり、富山湾の海の幸をいただくのも楽しいですね。