パワースポットは神社でOK!

新年最初は初詣でパワーをもらう!パワースポットは神社が一番!

横浜から近くの初詣パワースポットは?おすすめの神社を紹介!

八景島シーパラダイスや中華街、ベイブリッジなど、たくさんの観光スポットがある横浜。

 

2016年の観光客数は前年にくらべ4パーセント減りましたが、それでも3614万人もの人々が横浜を訪れています。

 

横浜はもともと横浜村というさびれた村で、活気があるのはむしろ4kmほど離れたところにある宿場町・神奈川宿でした。

 

そのあと条約により港が開かれたことで、横浜は外国の文化を取り入れつつ発展していったのです。

 

今回は、横浜市内にある2か所の初詣スポットを紹介します。

 

伊勢山皇大神宮

・瀬戸神社

 

ぜひ来年の初詣の参考にしてみてくださいね! 

伊勢山皇大神宮(いせやまこうたいじんぐう) 

西区にある神社で、最寄駅は桜木町駅もしくは日ノ出町駅となります。

 

横浜駅を出発して根岸線なら桜木町駅京急本線を利用するなら日ノ出町駅ですね。どちらの駅からも歩いて8分程度で神社に到着するので便利です。

 

伊勢山皇大神宮は横浜の街を守護する鎮守として知られています。お参りするとご利益がありそうですね。

 

具体的にご利益を調べてみると、健康祈願・商売繁盛・金運向上・家内安全…など、とにかく多岐に渡るようです。

 

中でも有名なのが縁結び。神奈川県庁には“キングの塔“なる恋愛成就スポットがあるのですが、そこにかつて伊勢山皇大神宮の分霊が祀られていました。

 

それゆえ、本殿のあるこの場所もまた恋愛成就のご利益があると考えられているのです。

 

また、現在創建150年記念事業として社殿の建て替え工事がおこなわれています。

 

第1期の工事である神楽殿と参集殿の工事は終わり、次は第2期工事として2018年から本殿の造営がスタートするもよう。

 

なので、境内にある記念館のあたりへ通じる裏参道から入ることができません。表参道から拝殿へ向かうようにしましょう。

 

例年、初詣にはおよそ30万人もの参拝客が訪れます。三が日はいつ行っても混雑していると考えていいでしょう。

 


初詣 2015 伊勢山皇大神宮

 

動画を見てみると、屋台もいくつか出ているようですね。本殿は高い場所にあり、お参りするには階段を上らなければいけません。歩きやすい靴を履いて向かいましょう。

  

伊勢山皇大神宮

住所:横浜市西区宮崎町64番地

TEL:045-241-1122

瀬戸神社

瀬戸神社があるのは金沢区。かつて源頼朝が伊豆で挙兵した際に祈願したという、伊豆三島明神を勧請して建てられた神社です。

f:id:fpcreca:20171210092450j:plain

地名からもわかる通り、もともとこのあたりは海だったそう。

 

現在もすぐ目の前は平潟湾がありますね。

 

潮の流れが速くなる難所でもあったため、神社ができる以前から海の神様が祀られていました。

 

古い歴史をもつ土地なんですね。

 

ご利益は海上安全のほか、安産や厄除け、旅行安全など。

 

お正月シーズンはいつもより人出があり「初詣は4~5時間待つ」という口コミも見かけます。

 

ゆっくり参拝したい人は、三が日を過ぎてからにしたほうがいいでしょう。

 

最寄駅は金沢八景駅になります。江戸時代から景勝地として知られる「金沢八景」の名がついた駅です。

 

国道16線沿いで駅近というわかりやすい立地のため、車で向かってもいいと思います。

 

]境内に駐車場はありませんが、隣のイオン金沢八景店に駐車し、駐車券を社務所で見せれば無料になるそう。利用してみてはいかがですか?

 

◇瀬戸神社

住所:神奈川県横浜市金沢区瀬戸18-14

TEL:045-701-9992

おわりに

どちらもふだんは静かな神社ですが、初詣ではたくさんの人が集まりにぎやかになるようです。

お参りしたあとに、横浜の観光スポットへ出かけてみるのも楽しそうです。

 

初詣ではかならずおみくじを引くという人も少なくないはず。

 

瀬戸神社のおみくじは香りつきで、本のしおりとしても使えるそう。

 

1年間おみくじをしおりにするとご利益がありそうですね。

 

よく読書する人はわすれずおみくじを引きましょう。